城  内政  城

都市と土地

内政や出陣を行えるのが[都市]です。その都市圏は[地域]に分かれていて、各[地域]の中心地が[府]です。[都市]も[府]の1つです。

[府]を占領することでその[地域]を支配でき、その[地域]のマスを占領するほど内政収入が増えます。

[府]に[地域担当]を任命すると、その人物の魅力に応じて、毎月自動で占領が進みます。

都市内政

[募兵担当]の武力が高いほど、兵士が増えます。[召募]の個性を持っていると、効果が上がります。

[訓練担当]の統率が高いほど、士気が上がります。[調練]の個性を持っていると、効果が上がります。

その都市の全兵力に影響しますので、優秀な人材を選ぶと良いです。

地域内政

[地域担当]に任命された武将は、その[府]がある地域の内政を担当します。能力と内政の関係は、以下の通りです。

 統率が高いほど[治安]が上がる
 武力が高いほど[兵舎]が上がる
 知力が高いほど[商業]が上がる
 政治が高いほど[農業]が上がる
 魅力が高いほどその地域の[占領]が進む

総合的に能力が高い武将が良いのですが、前線の[府]は魅力が特に重要です。前線の[府]は敵に[地域懐柔]させるリスクもあるので、統率や知力も高い方が良いです。

プレイデータ収集版は分かりませんが、[治安]が低いと賊や異民族が出現することがあるようです。

地域懐柔

計略の[地域懐柔]が成功すると、兵を出さずとも、空白の[府]や敵勢力の[府]を支配することができます。[地域懐柔]は、以下の条件に当てはまるほど成功率が高まります。

・実行勢力の軍師の知力が高い
・実行武将の知力が高い
・対象地域の治安が低い
・対象地域の勢力の軍師の知力が低い
・対象地域の都市の太守の知力が低い
・対象地域の地域担当官の知力が低い

現実的には、空白地の[府]か武将不足の敵国の[府]くらいしか成功しないと思います。

三国志シリーズ攻略