城  INDEX  城

三国志14の発売日

2019年10月11日14時にプレイデータ収集版(Windows)配信
2020年 1月16日に三国志14(Windows,PS4)発売
2020年 1月29日まで早期購入特典シナリオが無料

三国志14プレイデータ収集版用の調整

プレイデータ収集版は、[提案が100%成功] [軍事施設と罠が強め] [金や兵糧が多め]という設定です。製品版では調整されます。

三国志14プレイデータ収集版の印象

まず言えるのが、とりあえず皆さんもプレイした方が良いということです。何種類もの動画を見るより、自分でプレイした方がよく分かります。

私の場合、提案が強すぎることは事前情報で知っていたので使いませんでしたし、建設も投石台1つしか使いませんでしたが、それでも初プレイで19か月を残してクリアできました。この手のゲームは、早くクリアする方が簡単です。難しいと感じた方は、早く攻めることを意識した方が良いです。逆に難易度が物足りない方は、提案や建設は使わず、序盤をゆっくりプレイすることをおすすめします。

戦略面は、全体的に好印象です。領土と補給のシステムも、よくできています。内政や建設も、無印版としては十分だと思います。

私はPS4版を購入する予定なのですが、操作性にかなり問題が起きそうです。操作もインターフェイスも、マウスを前提にデザインされています。今回のプレイデータ収集版を快適にプレイできた方は、Windows版を購入した方が良いかも知れません。

三国志14の特徴

勢力プレイ
主人公となる武将を選ぶのではなく、勢力を選んでプレイします。勢力プレイは、三国志12以来です。
戦略システム
戦略フェイズで命令し、進行フェイズで敵味方が同時に動き出します。戦略システムは三国志9に近いです。
領土
HEX(六角形)のマスで全国マップが作られていて、行軍したマスが自国の領土になります。城単位の領土ではなく、マス単位の領土です。
補給路
自国の領土が補給路になります。補給路を断たれた軍は、混乱し、徐々に士気が下がります。敵の補給路を断つのも戦略です。
陣形
鶴翼、方円、鋒矢など、お馴染みの陣形があります。陣形の記号も三国志5と同じなので、非常に分かりやすいです。
武将の個性
武将によって、得意な作業が異なります。また、個性によっては、命令に従わないこともあります。張飛や魏延がいる劉備軍は、かなり面白そうです。
クエスト方式の歴史イベント
イベントの発生条件が表示されて、実際にイベントが発生するかどうかは、プレイヤーの操作や状況によって決まります。信長の野望ではお馴染みのクエスト方式ですが、三国志シリーズでは初めてです。
簡素な内政
内政は、担当官を任命するだけです。
PC版かPS4版か
近年の信長の野望も三国志も、PS4版は操作性がかなり悪いです。PC版はPC版で、PC版だけに発生する不具合というのもあります。発売日に買うならPS4版が無難ですが、様子見の方はレビューを見てから判断すれば良いと思います。
早期購入特典
発売2週間は、早期購入特典シナリオの「夷陵の戦い」が無料でダウンロードできます。このシナリオは、後日有料配信することもないそうですので、欲しい方は、すぐに購入するしかありません。
Switch版は出ないのか
Nintendo Switchは、本体ストレージ要領が32GB(システム領域を除くと25.9GB)しかないので、パッケージ版が基本になっています。PC版とPS4版を先行発売し、アップデートを繰り返して、ゲームが安定したらSwitch版を発売するのではないでしょうか。ちなみに、三国志13withPKは、PS4版の6週間後にSwitct版が発売されました。
三国志シリーズ攻略