城  改善希望  城

コーエー関係者に向けて、改善希望をまとめました。私の意見に共感されたユーザーの方も、是非コーエーに要望を出してください。同じ意見が多いほど、コーエーも判断しやすいと思います。

マイナス個性を消す方法

武将には、マイナス個性が消えるという成長があっても良いと思います。

「猪突を持った太守が籠城し、城から反撃で敵部隊を撃退すると、猪突が消える」「酒乱の部隊が兵站切れし、壊滅することなく帰城すると、酒乱が消える」「虚弱の武将が傷病から回復すると、虚弱が消える」などです。

パラメーターが成長するより、個性が成長した方が愛着が湧きます。この条件は、多少厳しめでも良いと思います。

上限を超えた物資の扱い

都市の兵士上限を超えた分は、負傷兵として加えて欲しいです。もちろん、負傷などしていませんが、準備兵と考えれば納得がいきます。

輸送も、入り切らなかった分は、元の城に戻してほしいです。

太守任命・内政委任

多くの方が指摘していると思いますが、太守任命はコマンドとして必要です。さらに、内政だけでも委任できた方が良いです。

現状の地域内政は、名声持ちに占領させる地域を指定するくらいです。全てのマスを占領したら、後は委任で十分です。現状の委任方法だと、登用や異動がある度に委任を選択しなければならないので、これはこれで手間がかかります。

金・兵糧は勢力全体、輸送は兵士のみ

城から城への輸送は輸送隊が必要で、城から部隊への輸送は自動というのは、戦争の何を表現したかったのか意味が分かりません。

現状では、奪ったばかりの都市は金も兵糧も少ないため、連続して攻めることが難しいですし、君主が攻城戦に参加した場合は、金不足で忠誠上げも難しくなります。これもゲームのテンポを悪くする要因です。

いっその事、金と兵糧は勢力全体で管理させた方が良いと思います。輸送が必要なのは兵士のみです。これだけで、定期的に各城の物資を確認する必要がなくなりますし、小まめに輸送隊を出す必要もなくなりますし、ゲーム中盤からの侵攻速度も上がります。

時間停止状態でも采配武将の戦法発動

PS4版の采配武将は、操作性が非常に悪いです。時間停止時でも采配武将の戦法を発動できれば、慎重に操作できます。

探索は人材のみ、名品・戦法の書は商人

探索ばかりを繰り返すのは、ゲームとしても退屈ですし、命令や報告も面倒です。人材がいる都市にマークが付き、その人材さえ登用できれば、後は探索は必要ないと思います。

その代わりとして、各都市に商人を常駐させ、名品や戦法の書も商人と売買し、アイテムの品揃えだけランダム性を持たせます。探索と商人確認が必要なくなるだけで、ゲームのテンポがかなり良くなります。

探索は金収入を補う面もあるので、内政収入を少し上げ、全体のバランスを整えます。

陣形の書

兵器を使える武将がいないだけで、その勢力は手詰まりになります。陣形の書で陣形を追加できれば、攻略の可能性が広がります。

陣形の書も、商人から購入できると良いです。各陣形につき1つずつしか販売されなければ、全体のバランスを保ちつつ、序盤の手詰まりを解消できると思います。

戦法の書を選んでから武将

武将を選んでから戦法の書を選ぶより、戦法の書を選んでから武将を選べた方が良いです。どちらからでも選択できる方法でも良いです。

建設システムの抜本的見直し

1つ1つしか建設できない現在のシステムは、操作が非常に面倒ですし、建設完了後に無駄な時間がありますし、完了したかどうかをプレイヤーがいちいち確認しなければなりません。

部隊を選んでから建設を選ぶのではなく、いくつもの建設を連続で命令し、それから部隊に行動させた方が、防衛全体を把握しやすいです。お手本はRimWorldです。

[追撃]や[退却]などの事後行動を設定する項目に[建設]も加え、それを[許可]にした部隊は自動的に地域内の建設や修復を行うようにすれば、作業もかなり楽になります。

方円と鶴翼の強化

現状のバランスだと、方円と鶴翼の出番がありません。ただの劣化陣形です。

方円は、敵からの挟撃効果を無効にすれば、防御特化陣形として使い道ができます。鶴翼は、破城が25くらいあれば、兵器に次ぐ城攻め陣形として使い道ができます。

陣形ごとに一騎討ち応戦率

一騎討ちは三国志の見どころでもありますが、軍師が一騎討ちに応戦するなんて考えられません。

陣形ごとに一騎討ち応戦率を設定し、意図的に一騎討ちを避けることもできた方が良いです。単純ですが、攻軍=一騎討ち応戦率で良いと思います。君主や軍師は、あえて攻軍の低い陣形を選ぶことで、一騎討ちによる事故を減らすことができます。

例外として、混乱した部隊は一騎討ちを避けられないことにすれば、戦法や兵站切りの意味も増えます。

無名の文官

小勢力でもプレイしやすくするために、地域内政専用の無名の文官がいても良いと思います。能力は20くらいで十分です。

これで、武将数が少ない勢力でも、人材を前線に投入できるようになります。

治安は占領割合に依存

地域懐柔や賊は、面倒なだけで、面白くありません。全てのマスを占領した地域は、治安100で良いと思います。

地域懐柔は10日後

地域懐柔の動きがあったら警告が出て、10日以内に部隊をその府に乗せたら鎮圧できるという仕様の方が良いと思います。地域懐柔で奪われてから部隊で奪い返す現システムも、地域懐柔を部隊で鎮圧する改善案も、作業としては同じですが、治安や兵站が安定しますし、いちいち地域内政を設定し直す手間もかかりません。

包囲占領に条件を追加

包囲占領のシステムは、空白地を一気に占領するのに便利ですが、敵の領地まで一気に奪えるのはどうかと思います。正始政変の司馬懿などは、全ての府を守る特殊なプレイを強いられます。

例えば、全てのマスが占領されている地域は包囲占領できない、という条件を加えるのはどうでしょう。他にも良いアイデアがあるならそれでも良いですが、少なくとも、小勢力プレイに挑戦できるだけの包囲占領対策は必要だと思います。

イベントギャラリー・武将ギャラリー

いつもならあるイベントギャラリーや武将ギャラリーがありません。イベントギャラリーを埋めるというのも、プレイヤーの大きな目標です。

タイマー設定

設定に警告タイマーを加えて、プレイ開始から一定時間経過した際に画面に警告を表示します。

香川県民タイマーとしてSNS等で話題になるでしょうし、寝る前にちょっとだけプレイしたい方にとっても便利な機能です。

結婚・義兄弟

連携が重要なゲームですので、結婚コマンドや義兄弟コマンドもあった方が良いです。汎用イベントとしてでも良いです。

独立スタート

ゲーム開始時の新勢力作成の画面で、太守を独立させることができても良いと思います。これだけで、プレイヤーの選択肢が大幅に増えます。

忠誠が下がらない俸禄 (アップデートで修正)

忠誠が自動で下がるというのは悪くないのですが、定期的な忠誠上げがゲームのテンポを悪くしていますし、都督が忠誠を上げないことも問題です。

俸禄の基準を変更することで、忠誠が下がらなくなれば良いです。この基準も委任できれば、忠誠上げの手間が大幅に減ります。

捕虜の忠誠 (アップデートで修正)

アップデートで忠誠が下がりづらくなりましたが、捕虜の忠誠は以前と同程度下がった方が良いと思います。それから、部隊が壊滅すると忠誠が下がるように、落城で捕虜になった武将も忠誠が下がった方が良いです。

武将数が重要なゲームシステムなので、ある程度は捕虜を登用できないと、戦果を感じられません。

兵糧売買は複数武将選択 (アップデートで修正)

兵糧を売買する際、複数の武将を選択し、その合計量を一度に売買できると便利です。