城  シナリオ  城

三国志14のシナリオ

184年2月「黄巾の乱」
 張角を教祖とする黄巾族が漢王朝に対し反乱を起こした場面。

190年「反董卓連合」
 皇帝を廃した董卓に対して連合軍で挑む場面。

194年「群雄割拠」
 董卓暗殺後、曹操、呂布、劉備を中心とした戦いが始まる。

200年「官渡の戦い」
 曹操が中原を制した場面。これから曹操と袁紹の戦いが始まる。

207年「三顧の礼」
 曹操が袁家を滅亡させた場面。次の戦場は劉備のいる荊州。

217年「漢中争奪戦」
 蜀を治めた劉備が漢中へ進出する場面のシナリオ。

222年「夷陵の戦い」 (早期購入特典)
 関羽の仇討ちで劉備が呉に攻める場面のシナリオ。

227年2月「出師の表」
 諸葛亮が北伐を決行する場面のシナリオ。

249年1月「正始政変」 (期間限定無料配信)
 魏では司馬懿がクーデター、呉では後継者争いで政治が乱れる。

仮想シナリオ「英雄集結」 (シナリオクリアで開放)
 時代を超えて、全ての武将が登場する仮想シナリオ。

仮想シナリオ「秋風五丈原」 (GAMECITY特典)
 諸葛亮が8月に病死しなかった場合の仮想シナリオ。

無印版から遅い年代があるのは嬉しいのですが、早期購入特典を入手しないと、シナリオ間隔に隙間ができてしまいます。早期購入特典は、後日有料配信もされないようなので、欲しい方は、早めに購入するしかありません。

また、近年のコーエー作品は、withパワーアップキットを購入しても、無印版の追加シナリオが含まれていない傾向があります。いつもはPK待ちをしている方も、今回はよく検討をした方が良いと思います。

三国志13のシナリオ

198年1月「呂布討伐戦」 (初回封入特典)
 徐州を奪った呂布を曹操・劉備の連合軍が攻める。

208年8月「赤壁の戦い」 (初回封入特典)
 劉を降伏させた曹操が劉備と孫権に狙いを定めた場面。

214年6月「益州平定」
 劉備が蜀と荊州を治め、天下が三分された場面。

219年7月「軍神包囲網」 (追加シナリオ)
 荊州の関羽に曹操と孫権が攻めかかる場面。

仮想シナリオ「英雄十三傑」 (初回封入特典)
 主要な13人の英雄が覇を競う仮想シナリオ。

仮想シナリオ「魔王帰還」 (追加シナリオ)
 董卓が再起し、諸侯による反董卓連合が再結成される。

仮想シナリオ「漢室三分戦」 (追加シナリオ)
 董卓暗殺の混乱時に献帝が落命し、3人が皇帝を自称する。

195年7月「小覇王勇躍」
 袁術に兵を借りた孫策が独立する場面のシナリオ。

211年7月「潼関の戦い」
 馬騰を殺された馬超が曹操に復讐戦を挑む場面のシナリオ。

223年「五路侵攻戦」 (初回封入特典)
 劉備の死後、各国が蜀に攻め入る場面のシナリオ。

仮想シナリオ「華容道の変」
 赤壁の戦いで曹操が死亡した場合を想定した仮想シナリオ。

仮想シナリオ「姜維北伐」 (初回封入特典)
 諸葛亮の死後に姜維が北伐を開始する仮想シナリオ。

仮想シナリオ「四夷六国」 (初回封入特典)
 漢民族と異民族が戦う仮想シナリオ。漢民族の君主は劉備。

三国志シリーズ攻略