城  シナリオ  城

三国志14のシナリオ

184年2月「黄巾の乱」
 張角を教祖とする黄巾族が漢王朝に対し反乱を起こした場面。

仮想シナリオ「黄天当立」 (有料DLC)
 張角が漢朝を滅ぼし、中原と河北を制圧。

190年1月「反董卓連合」
 皇帝を廃した董卓に対して連合軍で挑む場面。

194年6月「群雄割拠」
 董卓暗殺後、曹操、呂布、劉備を中心とした戦いが始まる。

198年3月「呂布討伐戦」 (有料DLC)
 呂布と袁術が手を組んだ場面のシナリオ。

仮想シナリオ「漢忠臣ここにあり」 (アップデートで追加)
 董承らの企みで献帝を曹操の下から逃すが、劉備と馬騰が戦死。

仮想シナリオ「河北の雄・公孫瓚」 (有料DLC)
 公孫瓚が袁紹に勝ち、河北をほぼ制圧。

200年1月「官渡の戦い」
 曹操が中原を制した場面。これから曹操と袁紹の戦いが始まる。

202年6月「河北争乱」 (有料DLC)
 袁紹没後に後継者争いが発生し、曹操もこの機に進軍する。

207年9月「三顧の礼」
 曹操が袁家を滅亡させた場面。次の戦場は劉備のいる荊州。

仮想シナリオ「曹家分裂」 (アップデートで追加)
 赤壁で曹操が落命し、後継を巡って曹家が分裂。

211年7月「潼関の戦い」 (有料DLC)
 馬騰を殺された馬超が曹操に復讐戦を挑む場面のシナリオ。

215年8月「合肥の戦い」 (有料DLC)
 三国鼎立。曹操が兵を西に移動させた機を狙って孫権が北上。

217年7月「漢中争奪戦」
 蜀を治めた劉備が漢中へ進出する場面のシナリオ。

221年7月「夷陵の戦い」 (早期購入特典)
 関羽の仇討ちで劉備が呉に攻める場面のシナリオ。

227年2月「出師の表」
 諸葛亮が北伐を決行する場面のシナリオ。

234年2月「秋風五丈原」 (GAMECITY特典)
 五度目の北伐。諸葛亮の最後の戦い。

249年1月「正始政変」 (期間限定無料配信)
 魏では司馬懿がクーデター、呉では後継者争いで政治が乱れる。

263年?「蜀漢の滅亡」 (PK早期購入特典)
 滅亡直前か滅亡直後か。

仮想シナリオ「英雄集結」 (シナリオクリアで開放)
 時代を超えて、全ての武将が登場する仮想シナリオ。

仮想シナリオ「氏姓覇乱」 (有料DLC)
 氏姓で武将が分かれて争う仮想シナリオ。

仮想シナリオ「永遠の夢の中で」 (無料DLC)
 銀河英雄伝説 Die Neue Theseの勢力が三国志に登場。

withパワーアップキットを購入しても、無印版の追加シナリオは含まれていません。欲しい場合は、別途購入する必要があります。

曹家分裂の解釈

曹家分裂にはオープニングがないため、どのような経緯でこのような状況になったのか説明不足です。そこで、私なりの解釈をご紹介します。

最初は、徐庶が劉備軍に残り、徐庶の采配で曹操を討ち取ったと考えたのですが、これは間違いでした。シナリオ開始時の徐庶の仕官が1年になっているので、曹家分裂をきっかけに劉備軍に戻ったという設定です。赤壁の最中に徐庶が裏切ったというのも違います。

つまり、史実と同じ人材・同じ戦況で赤壁を戦い、たまたま曹操が死んだという仮想です。曹操の死を好機に劉備軍が荊北を落としたため、江陵の曹仁もやむを得ず撤退し、周瑜は江陵の地をあっさりと入手します。

曹丕と曹植が跡目争いをすると、曹丕に不満を持つ武将が他の兄弟を君主に担ぎ上げ、曹家が分裂します。曹熊の身を案じた卞氏が和平に向けて動き、曹熊だけが兄3人と同盟を結びます。

経緯としては、こう推測します。個人的には、徐庶が劉備軍に残り、曹操に母を殺され、諸葛亮が孫権との外交で留守にし、徐庶が劉備軍の軍師を務め、徐庶の采配で曹操を討つ、という仮想の方が面白かったと思います。